生活者としてのFX

民としての個人と思考

国に対しての意識は個人個人、いろいろあると思います。しかし、現在、この国で暮らしている以上は税に対して、全くの無知ではいられないとは思うのですが、いかがでしょうか。

税金の使われ方に対しては色んな議論や報道がありますよね。
それは、さておき、納税は国民の義務とも言われます。
なので、節税をして得をしたなどとは論外ですね。

これは、貧困層の方々に対しての言葉ではありませんよ。FXや株などの投資家の方々に対して庶民よりも一歩先を行く人たちっていう羨望の意味を込めて、勇ましく行動してほしいと願うからです。
その税が国を支え個人個人の教育などに使われるから。
人が集まって国として成り立っていきます。なので、一流の民として所得申告をしましょう。

フェアな精神で正々堂々と

人って、とても弱い部分があると思うのです。たまに「ほんの少しだけなら」という弱い自分の心になった時なんて、道路にゴミを捨ててみたり宜しくない行動をとってしまう時もありますよね。でもね、基本的に正々堂々と、世のなかに対して、イケナイことはしないで生きたいと思うのは、どんな人の心にもあるというのは、性善説でしょうか。
だから、利益があっても、弱い気持ちの時に「ほんのすこしなら」という気持ちが働いてしまって申告をしなかった場合、後で、後悔することもあるかもしれないですよ。
FXや株などで利益が上がったなら、確定申告をしていただきたいです。でも、利益を上げるための経費はきちんと記録と領収証は残しておきましょう。現在は、マイナンバー制度も普及し始めておりますし、バレなきゃって思うこと自体が、精神的に貧弱なのではないでしょうか。
人は弱いものです。なので、精神的に流されないように心がけたいものです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る